第109回 看護師国家試験解説 第4問〜第6問

過去問解説

こんにちは、さおりんごです🍎

今回は第109回 看護師国家試験 午後の
第7問から第9問まで解説していきます🌟

Let’s go⛄️❄️

第4問−必修問題

第4問

健康保険法による療養の給付の対象はどれか。

1.手術
2.健康診査
3.予防接種
4.人間ドッグ

解答は、1.手術 です🙆‍♀️

医療の給付(現物給付)と
現金給付があります✋
 ⏬⏬

目的 その2(保険給付) - 講義 社労士合格ゼミナール 理解と記憶を徹底サポート 独学に必須


この問題での、「手術」は
①の療養の給付になります🙆‍♀️

選択肢2.3.4は、病気の予防に
関してなので健康保険法の
対象ではないです🙅‍♂️

第5問−必修問題

第5問

第二次性徴の発現に関与するホルモンはどれか。

1.抗利尿ホルモン<ADH>
2.黄体形成ホルモン<LH>
3.副甲状腺ホルモン<PTH>
4.甲状腺刺激ホルモン<TSH>

解答は、2.黄体形成ホルモン<LH> です🙆‍♀️

第一次性徴とは
男女の性器にみられる特徴
(男性の精巣や陰茎、女性の子宮、
卵巣や外性器)をいいます👶

第二次性徴とは思春期になってあらわれる
性器以外の身体の各部分にみられる
男女の特徴のことをいいます🙍‍♂️🙍‍♀️



図をみるとわかるように
男女とも黄体形成ホルモン<LH>
関与しています👐

ちなみに他の選択肢の解説も
簡単にしておきます🧐

1.抗利尿ホルモン<ADH> 
⏩文字の通り、利尿を妨げます!
 血圧の調整をします。
 (今後また詳しく解説します🤔)

3.副甲状腺ホルモン<PTH>
⏩副甲状腺から分泌され
 血中のカルシウムの濃度を
 あげるための働きをします🦴

4.甲状腺刺激ホルモン<TSH>
⏩血液中の甲状腺ホルモンの濃度を
 感知して一定の濃度に保つための
 指示をだします💫

第6問−必修問題

第6問

児の吸啜刺激によって分泌が亢進し、分娩後の母体の子宮筋の収縮を促すのはどれか。

1.オキシトシン
2.プロラクチン
3.テストステロン
4.プロゲステロン

解答は、1.オキシトシン です🙆‍♀️

🌻オキシトシンの作用🌻
①子宮平滑筋収縮作用
②乳汁射出作用

赤ちゃんがお母さんの
おっぱいを吸うことで
オキシトシンが放出され
産後の子宮を修復する役割があります🤰

おっぱいを飲むことで
赤ちゃんにもお母さんにも
いいことがあるように
体はつくられてるんですね〜🤱💕

💡ちなみにPoint💡
下垂体後葉から放出されるホルモンは
 ・オキシトシン
 ・抗利尿ホルモン<ADH>
 (バソプレッシン)
のふたつです✌️
第5問ででてきたやつです😎


2.プロラクチン
 →下垂体前葉から分泌。
  乳管への乳汁分泌作用と
  性腺抑制作用をもつ🥛

3.テストステロン
 →精巣から分泌。
  二次性徴発現促進を行う👦

4.プロゲステロン
 →卵巣で作られます。
  受精卵が着床しやすいように
  子宮のクッションをつくってくれる。

さいごに

内分泌系の問題が多かったですね🙄

ホルモンは奥が深いし
種類が多いし
理解するのにとても時間が
かかります😲💦

今度しっかりと記事に
まとめたいなと思います💘

解説してほしいことや

記事にしてほしいことがあれば

いつでもお問い合わせください🤗💗


\\share//

タイトルとURLをコピーしました