第109回 看護師国家試験解説 第26回〜第28回

過去問解説

こんにちは、さおりんごです🍎

今回は第109回 看護師国家試験の
第26問から第問まで解説していきます🌟

Let’s go‼️ 😄

第26問

固有心筋の特徴はどれか。

1. 平滑筋である。
2. 骨格筋よりも不応期が短い。
3. 活動電位にプラトー相がみられる。
4. 筋層は右心室の方が左心室より厚い。


解答は、3. 活動電位にプラトー相がみられる。🙆‍♀️

心筋は
・固有心筋
・特殊心筋 にわかれます。

固有心筋は、ポンプ作用がある。
心臓の中の血液を全身に
送り出す役割があります✋

特殊心筋は、ペースメーカー作用が
あり、拍動のリズムをきめます🤓

1. 平滑筋である。❌
⏩心筋と骨格筋は、横紋筋です。

筋肉の分類

2. 骨格筋よりも不応期が短い。❌
⏩不応期とは刺激に応えない時間の
 ことをいいます。心房が全ての
 電気信号に応えていると心室が
 破綻してしまうために、不応期が
 あるそうです🤔
 心臓が破綻しないように心筋の
 不応期は長いとされている。

3. 活動電位にプラトー相がみられる。⭕️
⏩プラトー相を理解するのは
 めちゃくちゃむずかしい。。

心臓の電気信号には図の
0相から4相があることを
覚えておくくらいでいいと思います😅

4. 筋層は右心室の方が左心室より厚い。
⏩左心室から全身に送りださないと
 いけないので、力がでるように
 厚くなっています💫

この問題は満点をださないための
問題っぽいですね。
難しすぎますし、
そんなに必要ではない知識ですね🙄

第27問 一般問題

第27問

小細胞癌で正しいのはどれか。

1. 患者数は非小細胞癌non-small cell carcinomaより多い。
2. 肺末梢側に発生しやすい。
3. 悪性度の低い癌である。
4. 治療は化学療法を行う。


解答は、 4. 治療は化学療法を行う。です🙆‍♀️

1. 患者数は非小細胞癌non-small cell carcinomaより多い。
⏩原発性肺癌の中での頻度は約15%であり
 非小細胞癌である扁平上皮癌(約25%)や
 腺癌(約45%)より少ない。

2. 肺末梢側に発生しやすい。❌
⏩肺門、肺野全体に発生する。

3. 悪性度の低い癌である。❌
⏩小細胞肺癌の特徴は、
 ・進行が速い
 ・転移しやすい
 ・喫煙と関係がある

第28問 一般問題

第28問

脳梗塞を最も早期に検出できる画像検査はどれか。

1. シンチグラフィ
2. 磁気共鳴画像(MRI)
3. 磁気共鳴血管画像(MRA)
4. コンピュータ断層撮影(CT)


解答は、 2. 磁気共鳴画像(MRI) です🙆‍♀️

脳梗塞にはMRI!

基本中の基本ですね😬

1. シンチグラフィ
⏩骨の検査や薬剤の分布を
 調べるものです。

3. 磁気共鳴血管画像(MRA)
⏩動脈奇形など血管の異常を
 発見できます。

4. コンピュータ断層撮影(CT)
⏩出血や腫瘍や水分をみるために
 検査します。

 お問い合わせ

解説してほしいことや

記事にしてほしいことがあれば

いつでもお問い合わせください🤗💗

タイトルとURLをコピーしました