【COPD】看護国試頻出!肺気腫、気管支炎、喫煙、、慢性閉塞性肺疾患とは?暗記ポイントまとめ。

国家試験対策

こんにちは、さおりんごです🍎

今回は看護師国家試験の出題の高い

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の

暗記ポイントをまとめて紹介します🤓💕

COPDとは


慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは

従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。


タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで

生じた肺の炎症性疾患であり

喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病といえます。

💡Point

  COPDは疾患の名前ではなく、総称です!
  非可逆性(治らない)の気流閉塞を示す。



40歳以上の人口の8.6%、約530万人の患者が存在すると推定されています。

しかし、大多数が未診断、未治療の状態であると考えられます。

全体では死亡原因の9位男性では7位を占めています。

★男性の方が多い。

★近い未来に三代死因にはいるかも?!


原因


1番の原因は喫煙といわれています。


しかし喫煙だけではなく、

大気汚染、有機燃料(バイオマス)を燃焼させた煙の吸入、

職業性の粉塵や化学物質への曝露

なども原因になります。


実際に、第二次世界大戦の被曝者の高齢者は

原爆による大気汚染で肺気腫を

引き起こしている方がかなり多いです😖


症状・検査所見


身体を動かした時の息切れ

慢性的なたんの出現です😷


代表的な症状は、口すぼめ呼吸!!



胸部打診では過共鳴音

聴診では肺胞呼吸音減弱、呼気延長を示します。

(過共鳴音:通常呼吸音より大きく聴こえる)



呼吸機能検査で1秒量(FEV1.0)、

1秒率(FEV1.0%)、

ピークフロー、

肺拡散能の低下などがみられます。



労作時の呼吸困難の程度を調べるために、

呼吸困難時の動脈血酸素飽和度を測定することは有効である。

★吸うより吐く時間が長くなる


治療


上でも記載したように

非可逆性で、完治はしません🙅‍♀️🙅‍♀️

生活習慣病であるため

基本的に生活の見直しをします🚶‍♀️


喫煙者からすると禁煙はとてもむずかしく

何度も繰り返してしまいます。

生活改善しない場合のリスクを十分に説明し

患者さん自身が「生活を変えたい!」と

思えるような指導が必要です🤗


日常生活では禁煙感染予防便秘予防

下肢の筋力トレーニングなど。

急激な寒冷刺激を避け

換気障害を最小限にして気道感染を予防する。



呼吸困難感を軽減するために

ステロイドの吸入をしたり

点滴、酸素投与したり

気道感染症を予防したりします💊


★酸素投与によるCO2ナルコーシスに注意します!


看護


人間の苦痛は、疼痛や苦しみ、

精神的な孤独などいろいろありますが

患者さんからよく

「息が苦しいことが1番しんどかった。
 もうすぐ死ぬかと思った。」

という意見があります🙁


生活指導を行う前に

まずは患者さんの苦痛を共感して

あげることが大切です。


“この人の言うことなら聞いてみよう”と

信頼関係を築くことが重要です🧡


また、風邪やインフルエンザ等の

感染症にかかってしまうと

重篤化しやすいです😢

日頃からの感染対策ワクチン摂取

指導も行います。


 お問い合わせ

解説してほしいことや

記事にしてほしいことがあれば

いつでもお問い合わせください🤗💗


\\share//

タイトルとURLをコピーしました