【看護師の仕事】なんで看護師は勉強しないといけないの??〜実体験ブログ〜

国家試験対策

こんにちは、さおりんごです🍎

今回は、実体験エピソードです👏


学生時代も働いてからも

勉強勉強勉強、、、、

もう嫌になりますよね😭

しかしその辛さも意味はあります!!

実際に患者さんと関わって

勉強が役立った場面を紹介します👩‍🦳💕

患者さんの紹介

今回は

90歳代の女性 Aさんとのお話です👩‍🦳

Aさんは施設入所中に発熱し

救急搬送されました。

採血でCRPが18mg/dLでした🔥

正常値が0.3mg/dL以下なので

かなりの炎症反応がありました😳

認知症があって理解力の低下はありますが

お話もできるし、ご飯も自分で食べていました🍚


経過


入院してから抗生剤治療を始めました。

しかし、全然炎症反応が改善しませんでした😭

発熱もないし

コロナのPCRも陰性。

尿検査も問題ないし、肺炎象もない。。

高齢者の炎症反応上昇というと

肺炎と尿路感染の可能性が高いですが

どちらも検査結果からは考えられませんでした。

主治医も「なんで炎症反応が下がらないんだろうね〜」

といつも悩んでいました🤔


Aさんはというと、

いつもだるそうで寝てばかりで

どんどん会話も減ってきて

食事も介助しないと食べれなくなりました。

おむつ交換のときには

足を触ると「痛い!」と言われ

リハビリもなかなか進んでいませんでした👩‍🦼⚡️


息子さんもすごく心配されており

コロナ禍で面会ができないこともあり

頻回に電話で状態を確認していました。


原因がわからず身体が弱っていく姿に

私たちは何かしてあげられないかな〜

といつももやもやしていました😖


看護師としてしたこと 

寝たきりで具合の悪そうな高齢女性患者さんのイラスト


入院する前から、睡眠薬を内服しており

入院してからも継続して内服していました💊


日中寝ていて、リハビリが進んでないという

情報があったため、主治医に睡眠薬を

中止していいか確認しました。

確認して、中止の許可があったため中止しました✋


中止して2日目ごろから、お昼間は起きて

会話してくれるようになりました🤗

お昼は起きて、夜に寝るという

人間の当たり前な生活リズムが

送れるようになりました☀️


◆◇アセスメント◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ここでの看護師としての役割は

まず日中も寝てしまっている。ということを

患者さんと昼も夜も関わることによって

把握しています。

医師はたまに往診にきて様子をみるだけなので

ずっと寝ていることには気付けません🙅‍♂️

看護師は内服薬の中止や処方はできませんが

主治医に状況を報告して

内服の検討をしてもらうことはできます✨

また、この場面では、睡眠薬の種類、

作用時間や副作用を把握していたから

日中の睡眠にも影響しているかもしれないと

判断することができました😎

睡眠薬にも種類があり効果や副作用も

それぞれ違うため、勉強しておかないと

医師に間違った判断を仰ぐことになってしまいます☝️

◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆


看護師としてしたこと 


日中を起きてすごせるようになったころ

みぎの肘と手首の関節の痛みを

訴えるようになりました😖

かなり痛そうで、少し動かすだけでも「痛い!」と

叫んでいました。

痛がり方が普通じゃないなと思い皮膚を観察すると

肘と手首の関節の部分が赤くなっていました🔥


ここまでの症状でみなさんは

Aさんに何が起きていると考えますか??🧐


主治医に報告するとステロイドの内服が始まり

数日でみるみるうちに元気になりました!

痛みもなく車椅子で過ごせるようになり

採血上での炎症反応も改善しました💫


◆◇アセスメント◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇

炎症反応の上昇、関節の痛み、、、

もしかして、リウマチでは??と考えました。

リウマチの症状や、病態を知っていたから

気付けた事例です☝️

病態の勉強をしていなかったら

関節の炎症にも気付けなかったかもしれませんし

気づいてても緊急性があるとは思わず

とりあえず冷やしておくなど

主治医には報告していなかったかもしれません😦

後からもっと悪化して

そういえば数日前から赤くなっていたなぁと

後から気づくことになっていたかもしれません。。


看護師が日常の関わりから変化に気づき

その変化がどういう病態から出現しているのか、

緊急性はあるのか医師へ報告する事例なのかを

考えて情報を共有できたために

患者さんの疼痛を改善してあげられました😃💕

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


さいごに

不眠不休で実習の課題をしている看護学生のイラスト


看護師は薬の処方も、病状の説明も

診断や勝手な処置もできません。

でも医師がきづけないことを気づき

よりよい治療を提供できるように

情報を共有することは

看護師としてとても大切な仕事です‼️


ただただ体温や血圧の値を報告するだけではなく

患者さんの体になにが起きているか

アセスメントすることで

看護師でも安楽を患者さんに提供することができます😊


怖いことをいうと

病態や薬のことを把握していないと

患者さんの命を危険にさらすこともできます。

良くするも危険にするも

関わる看護師の知識によります🙋‍♀️


命を預かっているということ

患者さんに安楽を提供すること

これらには必ず知識が必要です!

なので看護師は一生勉強しなければいけません!



モチベーションが続かないときは

患者さんのためになるように☺️と意識して

実際に体験したことから勉強すると

いいと思います🌟


\\share//

タイトルとURLをコピーしました