【第109回看護師国家試験】第115問〜第120問 現役看護師が分かりやすく解説!#状況設定問題

過去問解説

こんにちは、さおりんごです🍎

今回は第109回 看護師国家試験の
第115問から第120問まで解説していきます🌟

午前の部最後です🤔

Let’s go‼️ 🏃‍♂️❤️

第115問〜第117問

Aさん(57歳、男性)は、妻(55歳)と長女(28歳)の3人暮らし。4年前に直腸癌と診断され、手術を受けてストーマを造設した。その後、Aさんは直腸癌を再発し、治療を行ったが効果がなく、腹部のがん疼痛を訴えたため、疼痛をコントロールする目的で入院した。主治医からAさんと家族に余命4か月程度と告知され、Aさんは「痛みは取り除いてほしいが、延命治療は望まない。自宅で好きなことをして過ごしたい」と話している。現在、Aさんはオキシコドン塩酸塩を1日2回内服し、痛みがなければ日常生活動作〈ADL〉は、ほほ自立している。

第115問

Aさんは退院後に訪間診療と訪問看護を利用することになり、今後の支援の方向性を確認するため、退院前にAさんと家族も参加するカンファレンスを開催した。
カンファレンスで確認する内容で最も優先度が高いのはどれか。

1.看取りの場所
2.ストーマパウチの交換方法
3.訪問リハビリテーションの必要性
4.退院後の生活でAさんが行いたいこと


解答は、4.退院後の生活でAさんが行いたいこと🙆‍♀️

ここでは患者さんのQOLを問われています。

1.看取りの場所

余命4ヶ月と宣告されており

退院してから考えいく選択肢もあり

優先度が一番ではない❌


2.ストーマパウチの交換方法

ストーマを増設して4年がたっており

パウチ交換は身につけていると考えられるため

優先度は低い❌


3.訪問リハビリテーションの必要性

Aさんは疼痛がないと自立しており

リハビリテーションの必要性は低い❌


4.退院後の生活でAさんが行いたいこと

Aさんは余命を宣告されており

残りの時間をどのように過ごしたいか

確認し叶えられるように援助することが

優先順位が高い⭕️


第116問

退院後、Aさんは痛みが強くなってきたため、主治医はオキシコドン塩酸塩を増量したが、Aさんは眠気が強くなり「薬を飲みたくない」と訴えた。そのため、フェンタニル貼付剤に切り替え、レスキュー薬としてフェンタニルクエン酸塩舌下錠が処方された。
訪問看護師によるAさんの家族への疼痛緩和のための薬物療法の指導で適切なのはどれか。

1.副作用で便秘が生じた場合には貼付しない。
2.残ったオキシコドン塩酸塩は自宅で保管する。
3.レスキュー薬は使用間隔を気にせず使用してよい。
4.フェンタニル貼付剤の交換時に家族が貼付面に触れないようにする。


解答は、4.フェンタニル貼付剤の交換時に家族が貼付面に触れないようにする。🙆‍♀️


1.副作用で便秘が生じた場合には貼付しない。

副作用がでたら緩下剤を内服したり

対処が必要です💩

疼痛コントロールのほうが優先順位が高いので

貼付はやめないほうがいい。

そのため選択肢としては❌


2.残ったオキシコドン塩酸塩は自宅で保管する。

オキシコドンは麻薬であり

残った薬剤は返却しなければならない。

そのため選択肢としては❌


3.レスキュー薬は使用間隔を気にせず使用してよい

頓服薬は医師より使用間隔時間の指示があるため

用法を守ることが必要です。

使用しすぎると副作用がつよくでたり

効果がでないことがあります。

そのため選択肢としては❌


4.フェンタニル貼付剤の交換時に家族が貼付面に触れないようにする。

貼付面に触れてしまうと薬剤を

吸収してしまう。

また、剥がれやすくなってしまうため

触れないように指導する必要がある⭕️


第117問

退院後3か月。Aさんの食事や水分の摂取量は減り、徐々に傾眠傾向になってきた。Aさんの妻は訪間看護師に「少し怖いが、できればこのまま自宅で看ていきたい」と話した。
Aさんを自宅で看取るための訪間看護師の対応で適切なのはどれか。

1.高カロリー輸液の開始を医師と相談する。
2.Aさんの清潔ケアは看護師が行うことを妻に伝える。
3.今後起こりうるAさんの状態の変化を妻に説明する。
4.Aさんが亡くなるまで家族がそばを離れないように伝える。


解答は、3.今後起こりうるAさんの状態の変化を妻に説明する。🙆‍♀️


1.高カロリー輸液の開始を医師と相談する。

まったく食べれないわけではないので

適切ではない❌

なるべく食事や水分は口から

摂取できるように援助する🍵


2.Aさんの清潔ケアは看護師が行うことを妻に伝える。

「なるべく自宅でみたい」と希望があるため

家族の希望を優先し

家族と一緒にケアできる方法を考える👪

選択肢としては❌


3.今後起こりうるAさんの状態の変化を妻に説明する。

死期に近づいたAさんの病状はかわっていくため

家族に今後の変化を説明しておくことと

対処法を説明しておく必要がある🤓


4.Aさんが亡くなるまで家族がそばを離れないように伝える。

ずっと付き添いすることは

家族の負担になるため選択肢として❌


第118問〜第120問

Aさん(75歳、女性)は、脂質異常症と高血圧症で通院中で、定期受診のため、外来待合室で順番を待っていた。Aさんは、待合室の雑誌を取ろうと立ち上がり、歩こうとしたところ、右足が思うように動かず引きずって歩いた。外来看護師が声をかけると、Aさんは「らいじょうぶ」と返答したが、ろれつが回らなかった。

第118問

この時のAさんの症状はどれか。

1.痙 縮
2.失 語
3.構音障害
4.パーキンソニズム


解答は、3.構音障害🙆‍♀️


1.痙 縮

痙縮は、意思とは別に筋肉の緊張が起こり

手や足が曲がったりつっぱったりする症状であり

Aさんのようにろれつが回らないことはない。


2.失 語

失語は話す、聞く、読む、書くことが障害されるが

Aさんのようにろれつが回らないだけの症状は該当しない。


3.構音障害

「らいじょうぶ」とはっきり発言できていないことより

構音障害が考えられる🗣


4.パーキンソニズム

パーキンソニズムは動作緩慢、無動、

筋強剛、振戦などの症状であり、

Aさんの症状は当てはまらない。


第119問

検査の結果、Aさんは左脳の運動野に脳梗塞を発症していることが分かった。Aさんは3週間の入院治療を経て転院し、2か月間のリハビリテーションを行うことになった。
転院先の医療機関に提供する情報で最も優先するのはどれか。

1.診療情報提供書
2.要介護認定の申請書
3.医療相談員の相談記録
4.使用中の車椅子の機種
5.身体障害者手帳の申請書


解答は、1.診療情報提供書🙆‍♀️


1.診療情報提供書

治療やリハビリが必要であるため

転院になったため病状やADLの状況を記載した

診療情報提供書は適切である⭕️


2.要介護認定の申請書

要介護は自宅でサービスを受ける際に

重要になるため自宅退院する際に

整える書類であり❌


3.医療相談員の相談記録

家族の悩みなどあれば診療情報提供書に

記載してもいいですし、

看護サマリーでの情報共有でよい。

わざわざ相談記録はいらない❌


4.使用中の車椅子の機種

麻痺や運動障害が重度の場合は

個人にあった車椅子を選択することが大切であるが

Aさんの場合は通常の車椅子でも

対応できるため不適切❌


5.身体障害者手帳の申請書

脳梗塞の後遺症は診療情報提供書に

記載するため手帳は重要でない❌


第120問

Aさんは、2か月間のリハビリテーションの結果、健側をつかってベッド上で端坐位ができるようになり、補装具をつければ軽介助で歩行できる状態まで回復した。退院後はベッド柵をつけた介護用ベッドを設置し、自宅で生活をする予定である。Aさんが自宅で使用する介護用ベッドの柵の配置を図に示す。ベッド柵の配置で適切なのはどれか。

1.1
2.2
3.3
4.4


解答は、1.1 🙆‍♀️


Aさんは右側に麻痺があるため、

健側である左側に手すりとしても使えるベッド柵があると

端座位から立ち上がる時に良い。

また、患側の頭側に手すりがあることで寝返りもしやすい。

麻痺側からの転倒の危険性が高いため

麻痺側にベッド柵は必ず必要です🙋‍♀️


 お問い合わせ

解説してほしいことや

記事にしてほしいことがあれば

いつでもお問い合わせください🤗💗


\\share//

タイトルとURLをコピーしました