【第109回看護師国家試験】午後 第1問〜第5問 現役看護師が分かりやすく解説!

過去問解説

こんにちは、さおりんごです🍎

今回は第109回 看護師国家試験 午後の
第1問から第5問まで解説していきます🌟

Let’s go⛄️❄️

第1問

平成29年(2017年)の日本における簡易生命表で女性の平均寿命に最も近いのはどれか。

1.77年
2.82年
3.87年
4.92年


解答は、3.87年🙆‍♀️


109回では2018年が問われると思います💡

2018年:女性の平均寿命は87.32年
     男性の平均寿命は81.25年


平均寿命や死因の暗記用はこちらをどうぞ👇
\【必修問題暗記用】看護学生、必見!現役ナース/


第2問

平成29年(2017年)の国民健康・栄養調査で20歳以上の男性における喫煙習慣者の割合に最も近いのはどれか。

1.10%
2.20%
3.30%
4.40%


解答は、3.30%🙆‍♀️


平成29年(2017年)の国民健康・栄養調査で

20歳以上の喫煙習慣者の割合は、男性で29.4%、女性で7.2%である。

平成30年(2018年)は 男性🙍‍♂️ 27.8%
            女性🙎‍♀️ 8.7%

喫煙率が一番高い年代は、40歳代です🚬


第3問

じん肺に関係する物質はどれか。

1.フロン
2.アスベスト
3.ダイオキシン類
4.ホルムアルデヒド


解答は、2.アスベスト🙆‍♀️


1.フロン

フロンはオゾン層を破壊するといわれています⚡️

オゾンホールより強い紫外線が降り注ぎ

皮膚がんの原因になります☀️


2.アスベスト

じん肺は、長期間に及ぶ粉塵や微粒子の吸引で生じる。


3.ダイオキシン類

ダイオキシンは、炭素・酸素・水素・塩素を含む物質が

廃棄物の焼却などで熱せられるときに発生する。

発がん性など高い毒性がある物質なので

環境汚染による健康被害や生態系への影響が指摘されています😦


4.ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドは建築資材に含まれる化学物質で

シックハウス症候群の原因の一つとされている。

現在は建築材料としての使用が制限されています🏠


第4問

日本において国民皆保険制度となっているのはどれか。

1.医療保険
2.介護保険
3.雇用保険
4.労災保険


解答は、1.医療保険🙆‍♀️


1.医療保険

国民皆保険制度とは国民全員が医療保険に

加入する仕組みです💳

受診したときに、3割ですんでいるのも

この制度のおかげです🏥


2.介護保険

介護保険は、65歳以上の高齢者(第1号被保険者)と

40歳以上65歳未満の医療保険加入者で

特定疾病にかかっている人(第2号被保険者)のみ適用される。


3.雇用保険

雇用保険は公的社会保険制度の一つであるが

原則として事業所に雇用される労働者が

被保険者となるので、国民皆保険ではない❌

失業した場合や教育訓練を受けるなどで

給付の支給がある、


4.労災保険

正式に労働者災害補償保険といいます✋

業務上の事由や通勤による労働者の

負傷・疾病・障害・死亡に対して労働者やその遺族のために

必要な保険給付を行う制度で、国民皆保険ではない❌


第5問

保健師助産師看護師法で規定されている看護師の義務はどれか。

1.研究をする。
2.看護記録を保存する。
3.看護師自身の健康の保持増進を図る。
4.業務上知り得た人の秘密を漏らさない。


解答は、4.業務上知り得た人の秘密を漏らさない。🙆‍♀️


1.研究をする。

研究の義務は規定されていない❌


2.看護記録を保存する。

看護記録は、医療法に規定されている💡


3.看護師自身の健康の保持増進を図る。

健康増進は規定されていない❌


4.業務上知り得た人の秘密を漏らさない。

看護師、助産師、保健師の守秘義務が規定されている⭕️

 お問い合わせ

解説してほしいことや

記事にしてほしいことがあれば

いつでもお問い合わせください🤗💗


\\share//

タイトルとURLをコピーしました