【心不全】ガンバレ看護学生!看護過程・OP、TP、EPまとめ。

看護実習


こんにちは、さおりんごです🍎

実習で看護展開をするうえで

レポートしないといけない看護過程・OP、TP、EPの

ポイントをまとめます🤔

今回は、心不全の看護過程です👩‍⚕️!

心不全の基礎的な知識

原因

原因は4つ!

・心筋障害
・機能的障害
・心調律異常
・心外性因子

(1)心筋障害:
   心筋梗塞、心筋症
   虚血性心疾患、ジギタリス中毒など


(2)機能的障害:
   弁の閉鎖不全・狭窄症
   心房中隔欠損症、心室の機能的低下

(3)心調律異常:
   心房細動、完全房室ブロックなどの
   “不整脈

(4)心外性因子:
   急性大量輸液、高ナトリウム
   腎不全
   貧血、甲状腺機能亢進症など


病態と症状

心不全は、心筋の収縮機能が低下して、心拍出量が減少し、心室への血液量が減少する状態をいう。この状態が急激に現れることを急性心不全、弁膜症などでゆっくり進行し現れることを慢性心不全という。多くの場合は、左心不全が起こり、右心不全が起こる。

〈症状〉

左心不全:肺動脈うっ血に起因する症状

✔︎呼吸困難
 肺動脈うっ血により肺の呼吸できる
 スペースが減少するため。
 労作時に悪化することが多い。
 悪化すると安静時にも感じる。

✔︎起坐呼吸
 臥床していると重力の関係で
 胸水が胸郭へ還流しやすいため
 呼吸困難を感じる。
 座位になると少し軽減するため
 座位を好むようになる。

✔︎肺水腫
 滲出液が肺の間質や肺胞に
 貯留しているためガス交換が
 できずに起坐呼吸になる。
 チアノーゼや発汗、泡状の喀痰などの
 症状がでる。
 肺がおぼれている状態

✔︎倦怠感、疲労
 呼吸筋や骨格筋への血流も低下し
 疲労を感じやすくなる。
 薬物の副作用で食欲不振になり
 栄養低下を起こし倦怠感を感じる
 こともある。

✔︎不整脈
 心筋の機能の低下などで
 頻脈、徐脈などが出現する。

右心不全:体静脈のうっ血に起因する症状

✔︎浮腫
 体静脈圧が上昇することで体液の漏出が
 原因。
 重力の影響で下肢、足背に著名に
 出現することが多い。

✔︎腹水・胸水
 浮腫と似たような原理で水がたまる。
 食欲不振によるアルブミン低下が
 原因のひとつとなることもある。

✔︎頸動脈怒張
 上大静脈圧が上昇するために
 頸静脈が怒張する。

✔︎肝、腎、消化器症状
 臓器も浮腫を起こし様々な
 障害が起きてくる。
 腸もむくむため吸収障害を起こし
 下痢や栄養低下の症状がでる。

✔︎チアノーゼ
 重症心不全では全身にみられる。

etc…

診断


●血液検査
●血液ガス分析
●尿検査
●心エコー
●胸部X線検査(レントゲン)
●心電図  etc…

治療


・安静

・食事療法
 →塩分制限
  水分制限

・酸素療法

・薬物療法
 →利尿剤
  ジギタリス製剤
  (心筋の収縮力を高める)
  血管拡張剤

看護の展開

看護診断

〈急性期〉
#心筋の収縮力の低下に関連した心拍出量の減少

〈慢性期〉
#疾患や治療に対する認識の欠如、知識不足に関連した非効果的治療計画管理

OP

♦︎発症に至るまでの経緯
→原因によって治療法や看護が変わるため
 情報収集が必要です。

♦︎自覚症状の有無
→心不全症状があるか

♦︎身体的所見の有無
→浮腫やSPO2の低下
 不整脈など

♦︎尿量・体重
→体液循環量が減り、尿量低下し
 体液の貯留から体重が増加します。
 胸水や腹水の増加につながる。

♦︎食事摂取量
→アルブミンが低下すると浮腫の増悪に
 つながるため栄養管理が大切。

♦︎睡眠状況
→起坐呼吸などで臥床することが難しく
 なると睡眠障害を起こします。
 睡眠不足はQOLの低下につながるため
 早急な介入が必要になります。

♦︎治療とその効果

♦︎治療、処置、制限に対する本人の思い
→制限されることが多いこと、完治するこ
 とが困難で、一生付き合っていく疾患で
 あることから喪失感や無気力になること
 がある。

♦︎家族のサポート体制・思い

TP

♦︎安静の保持
→心臓を休ませる必要がある。
 しかし、トイレに行ったり食事をしたり
 臥床で全て行うことはQOLの低下につな
 るため、患者の症状をみながら、安静と
 活動のバランス
を考えていく。

♦︎体位の工夫
→起座位や半座位など。
 座位をとることで心臓、肺に戻る静脈血
 が減少し肺うっ血が減少する。

♦︎睡眠促進への援助
→体位の工夫や寝具の工夫
 睡眠薬を調整することも考える。
 睡眠障害によるストレスで心不全が悪化
 することもあるため心身の安定ができる
 ように援助する。

♦︎薬物療法の確実な投与
→カテコラミン等の強心薬は血管外露出の
 リスクがかなり高い。薬液が確実に投与
 できず病状の悪化につながる。また、疼
 痛によるストレスにもつながる。
 内服薬は持続して内服することで効果を
 発揮するものもあるため、内服忘れや
 内服量の間違いがないように援助する。

♦︎水分塩分制限への確実な施行
→1日の水分摂取量がわかるように紙に記載
 したり、制限が確実にできるようにす
 る。

♦︎患者家族への精神的なサポート
→家族とのコミュニケーションをとって
 退院後の自宅でのサポート体制が整って
 いるか、本人は今後どのような人生を望
 んでいるか情報収集する。

EP

♦︎疾患についての説明
→心不全とは。(患者の年齢や性格等を配
 慮し理解しやすい説明で)
 それぞれの治療の説明や制限が必要な
 根拠の説明を行う。
 実際に出現している症状を含めて説明す
 ると効果的である。

 お問い合わせ

「看護」はたくさん

ありますが、簡単にまとめてみました🌷

これをもとに、患者さんの性格や家族背景

病態をあせて個別性をだしてみてくださ

い☺️

【心電図】の解説記事も合わせて参照してください🤗

Click!:【心電図】循環器ナースが解説する勉強方法

解説してほしいことや

記事にしてほしいことがあれば

いつでもお問い合わせください🤗💗

参考文献:New疾患別看護過程の展開 
     株式会社 学習研究者

タイトルとURLをコピーしました