【胃がん(術前後)】ガンバレ看護学生!看護過程・OP、TP、EPまとめ。

看護実習

こんにちは、さおりんごです🍎

実習で看護展開をするうえで

レポートしないといけない看護過程・OP、TP、EPの

ポイントをまとめます🤔

今回は、胃がんの看護過程です👩‍⚕️!

治療を望まない場合は、看取りの看護になるため

今回は術前後の看護計画についての記事です🌸

心不全の基礎的な知識

原因

胃癌の原因はいまだ不明である。食生活における高塩分食や穀類の過多摂取や嗜好品、喫煙が関与していると考えられている。決定的なものはない。

男性は60歳代前半が多く
女性は70歳代後半が多く発症している。


病態と症状

最も内側にある粘膜の細胞が、何らかの原因によって、がん化することで発生する。
胃がんが内側の2層(粘膜・粘膜下層)にとどまっているものを「早期胃がん」という。3層目(固有筋層)より深く入っているものを「進行胃がん」という。

胃がんのステージ分類と、腫瘍や転移の状態に適した治療選択──最新の胃癌治療ガイドラインのポイント – がんプラス
胃がんについて | 新横浜かとうクリニック


〈症状〉

早期胃がんでは、半数以上が無症状である。進行することで自覚することが多い。


初期には、、、

✔︎食欲不振
✔︎悪心・嘔吐
✔︎腹部膨満
✔︎下痢
✔︎下血 など

進行してくると、、、

✔︎心窩部痛
✔︎食物の通過障害
✔︎体重減少
✔︎貧血  など

部位別でいうと、、、

噴門がん:嚥下障害
幽門部がん:嘔吐

を、頻発する。

診断


●胃部レントゲン検査
●内視鏡検査
●胃生検・胃細胞診
●消化管造影検査
●腹部超音波検査
●CT
●便検査  etc…

治療


・手術療法
 →胃の全摘出術か部分摘出術か
  進行具合で決まる。

・内視鏡的粘膜除去
 →早期胃がんが対象となる。

・化学療法
 →抗癌剤治療

胃切除術後の合併症

・縫合不全
・通過障害
・ダンピング症候群
 →急に食事を摂取すると嘔吐してし
  まうため、分食する。
・逆流性食道炎
・貧血
・骨障害
・栄養障害・下痢   etc…


看護の展開

看護診断

〈手術適応の場合〉
#疾患・手術に関連する不安

#胃がんに関連した貧血・栄養状態の変調

#既往歴による術後合併症の危険性

〈手術適応ではない場合〉
#がん性疼痛

#化学療法による免疫低下に関連した感染リスク


今回の看護計画は〈手術適応の場合〉についての解説です。
緩和ケアや化学療法については今後他の記事にまとめます。

OP(術前)

♦︎患者の訴え、表情、行動

♦︎疾患、治療への理解度

♦︎睡眠状況

♦︎自覚症状の有無
 →上記の〈症状〉を参照。

♦︎腹水の有無
 →腹囲を毎日決まった時間に測定し
  増減のアセスメントをする。

♦︎家族背景

♦︎嗜好
 →飲食、喫煙、飲酒等


TP(術前)

♦︎病棟のオリエンテーション
 →トイレの場所や、ナースコールの説明
  など入院生活で不安に思うことをなる
  べく少なくする。いつでも看護師を呼
  んでいいことも説明する。

♦︎手術前オリエンテーション
 →手術室の看護師が直接説明することも
  ある。
  手術室に行く際はいつもと違う環境に
  緊張してしまうため、事前に手術に行
  く時間や、場所、どのようにして行く
  のかなど具体的に伝えておく。家族と
  面会ができるように調整することも、
  不安の軽減に効果的である。

♦︎不安の緩和
 →家族とコミュニケーションの場を設け
  たり、不安の表出ができるような信頼
  関係を築く。

TP(術後)

♦︎合併症についての説明
 →術前の説明でもある程度は伝えられて
  いるが、実際に出現した症状が合併症
  で、どのような対応になるかなど
  逐一伝え不安の軽減を図る。

♦︎バイタルサイン測定
 →生体反応の徴候を観察し、異常の早期
  発見に努める。合併症を把握し症状が
  でていないか観察する。

♦︎ドレーン管理
 →胃のドレーンや尿道留置カテーテルな
  ど術後はドレーンが多い。
  閉塞はないか排液の色や性状はどうか
  観察し異常の早期発見に努める。

♦︎水分バランスのチェック
 →術後数日は絶飲食であることが多い。
  栄養バランスや水分バランスの調整が
  必要。出血がある場合は貧血がないか
  血液量の管理も必要。

♦︎安楽な体位、疼痛管理、早期離床
 →術後の疼痛があると臥床している時間
  が増えADLの低下につながる。主治医
  の安静度の指示のもと早期離床の計画
  をたてる。動くことで腸蠕動の亢進に
  もつながる。
  また疼痛が強い場合は薬剤で疼痛管理
  を行う。痛みによる呼吸状態の悪化な
  ども考えられるため、術後すぐは疼痛
  を我慢しなくていいことも説明する。

EP

♦︎食事指導
 →ダンピング症候群の予防のために、
  分食や食事内容の指導を行う。
  6回食、3回食へ徐々に一回量をふや
  していく。
  高タンパク・高エネルギー食。
  水分も少しずつ飲水することを説明。

♦︎退院指導
 →退院後の外来での定期的な診察が必要
  緊急で受診が必要な症状なども伝えて
  おく。近年は早期退院することが多い
  ため自宅での生活指導は重要である。

 お問い合わせ

「看護」はたくさん

ありますが、簡単にまとめてみました🌷

これをもとに、患者さんの性格や家族背景

病態をあせて個別性をだしてみてくださ

い☺️


解説してほしいことや

記事にしてほしいことがあれば

いつでもお問い合わせください🤗💗

参考文献:New疾患別看護過程の展開 
     株式会社 学習研究者

タイトルとURLをコピーしました