【肝がん】ガンバレ看護学生!看護過程OP、TP、EPまとめ。

看護実習

こんにちは、さおりんごです🍎⁂

実習で看護展開をするうえで

レポートしないといけない看護過程OP、TP、EPの

ポイントをまとめます😀

今回は、肝がんの看護過程です👩‍⚕️!

肝がんの患者は年々増加傾向にあり、
死亡者数は胃がん、肺がんについて
多くなっています💣

肝がんの基礎的な知識


肝がんは、原発性肝がんと転移性肝がんがある。

原発性肝がんには、肝細胞がん胆管細胞がんがある。
日本では90%以上が肝細胞がんである。

転移性肺がんでは、胆道・膵臓・大腸・卵巣・胃などの腹部臓器がんからの転移が多い。

患者の男女比は、男:女=3:1 で男性が増加している。

スポンサーリンク

原因


原因は不明な点が多いが、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスの肝硬変や慢性肝炎との関係が認められている。

肝細胞がんの約90%は、肝硬変などの慢性肝疾患を併発しており、そのほとんどがウイルス性肝硬変である。

病態と症状

《病態》(肝細胞がん)

ほとんどが慢性肝疾患を併発しているため
かんの初期では、肝疾患の病態を
示すことが多い。

肝がんは比較的早期に門脈浸潤することが多く
閉鎖性黄疸となる。

腫瘍の破裂による腹腔内出血、門脈圧亢進症
による食道胃静脈瘤破裂による出血性ショック
状態に陥ることもある。

肝細胞がん | けやきクリニック
肝臓がんの治療方針、治療の特徴は?進行度と治療法の選択は? – がんプラス



《症状》

●自覚症状
 →食欲不振、体重減少、全身倦怠感
  腹部膨満感、浮腫
  右季肋部から心窩部への鈍痛
  発熱、黄疸、低血糖発作
  腫瘍破裂の場合は腹部の激痛

●他覚症状
 →手拳紅斑、女性化乳房、肝硬変の症状
  クモ状血管腫などの慢性肝炎
  胸腹壁静脈怒張、脾腫、門脈圧亢進症状

●肝不全の徴候
 →浮腫、腹水、睡眠逆転、反応性の低下
  記銘力低下、はばたき振戦など

●肝細胞がんの特徴的な症状
 →腫瘍触知、低血糖、赤血球増加
  高コレステロール血症
  高カルシウム血症など

診断


●腫瘍マーカー

●画像診断
 →腹部超音波検査
  CT
  血管造影
  胆管造影
  MRI

●腹腔鏡・肝生検

治療


●手術療法
  部分切除術

医師監修・作成]肝臓がんの手術:肝切除はどんな手術なのか?合併症は? | MEDLEY(メドレー)



●保存療法
 →経皮経管的エタノール注入療法(PEIT)
  肝動脈塞栓療法(TAE)
  抗がん薬の肝動脈内注入療法(TAI)
  リザーバー肝動脈注入療法
  マイクロ波凝固壊死療法(MCN)


●抗がん剤投与

スポンサーリンク

看護の展開

看護診断


#肝がんおよび併発する肝疾患に起因する苦痛による
  ・セルフケア不足
  ・栄養状態の変調
  ・肝不全の潜在的状態

#検査に起因した苦痛

#手術に関連した不安

OP


♦︎不快・苦痛な症状の出現状態と程度
 →肝硬変の症状
  門脈圧亢進による症状
  肝性脳症の徴候
  肝不全の徴候状態と程度

♦︎日常生活への影響
 →食事摂取状況、排泄状態
  活動と休息のバランス
  身体の清潔と皮膚の状態
  睡眠状態

♦︎検査データ

♦︎既往歴
♦︎呼吸状態
♦︎胸水・腹水の有無
♦︎家族背景・職業について

TP


♦︎不快な症状を緩和する
 →腹部膨満感、倦怠感により
  何事にも消極的になる


♦︎食事の援助
 →食事内容・量・味付けを工夫する
  肝硬変が既往にあると肝不全を
  引き起こしやすいため、肝機能
  修復のためタンパク質を多く摂取
  する必要がある。
  浮腫や胸水がある場合は塩分制限
  行う。

♦︎安静・休息の援助
 →仰臥位から立位になると肝血流量が
  30%減少する。腎保護のために安静も
  必要である。

♦︎適度の活動と休息
 →必要以上の安静は筋力の低下を
  引き起こしたり、気持ちが
  沈んでしまう。
  肝機能に合わせ散歩やリラク
  ゼーションを実施する。

♦︎便秘への援助
 →腹水や活動低下により便秘を
  引き起こしやすい。
  便秘により食欲が低下したり
  腹部膨満につながる。
  アンモニアの貯留から
  アンモニア脳症のリスクにもなる。

EP


♦︎治療・検査についての説明
 →その都度説明し不安の軽減を
  図る。活動制限や食事制限など
  我慢することが多く精神的な不安や
  ストレスになることが多いため
  援助が必要である。

♦︎退院後の生活の援助
 →食事内容や通院について
  サポート体制があるか確認し
  必要であれば地域連携していく。


♦︎予後に対する不安の軽減
 →術後の経過について医師から
  説明する。予後や再発に関して
  の不安に対する支援を行う。

スポンサーリンク

 お問い合わせ

「看護」はたくさん

ありますが、簡単にまとめてみました🌷

これをもとに、患者さんの性格や家族背景

病態をあせて個別性をだしてみてくださ

い☺️


解説してほしいことや

記事にしてほしいことがあれば

いつでもお問い合わせください🤗💗

参考文献:New疾患別看護過程の展開 
     株式会社 学習研究者

タイトルとURLをコピーしました